入院のご案内

入院のご案内
入院治療について

入院のご案内

入院される患者様に、時には自然を感じて、音楽や人とのあたたかいふれあいの中で、気持ちにゆとりと自分らしさを取り戻していただけるような医療を提供したいと考えております。
精神科の治療には精神療法・薬物療法を中心に、精神科作業療法や音楽療法、生活技能訓練やカウンセリングなど過程に応じて様々なリハビリテーションが行われます。また、専門職による薬剤指導や栄養指導、心理教育を行う場合もあります。
退院の際には精神保健福祉士はじめ各スタッフが患者様と地域(各市町村や保健所、地域施設)やご家族と連携し、安心して暮らしていけるよう環境調整や支援を行っております。気軽にご相談ください。

精神科の治療には精神療法・薬物療法を中心に、
過程に応じて様々なリハビリテーションが行われます。

専門職が連携をとって、ご家族や皆様の悩みや不安を
少しでも解決するためにサポートいたします。

精神科看護

当院での看護は『患者様に寄り添うあたたかい看護』を目指しています。
ストレス社会と云われる現代においては、精神的な病気は人間であるがゆえに引き起こされる病気だと言えます。
私たちは患者様の心の声に丁寧に寄り添い心と心を通じ合わせてこそ良質な看護・介護が提供できるものと考えております。

精神科作業療法

手工芸、レクリエーション、農園芸、スポーツなどの様々な活動を通して、それを楽しみながら、人々へあるいは社会へ自分を解放していく治療が自然と行われます。具体的に次のようなサポートをします。

カウンセリング

心身の不調とともに様々な悩みを抱えている患者様に対し、心の整理をし、解決に向けて取り組むお手伝いを臨床心理士が行います。患者様に心身ともに少しでも楽になり、過ごしやすくなるために、一緒に考えサポートいたします。

心理教育

病気の症状や薬、利用できる福祉制度などについて、グループで学んでいきます。
また、自分のストレスや、調子を崩す前ぶれについて考え、対処法を皆で話し合います。
メンバー同士で語り合い、自身の状態について理解を深めながら、よりよい生活が送れるようになることを目指しています。

音楽療法

開院以来、治療の一環として常勤の認定音楽療法士を中心に音楽療法を行っています。
音楽を用いて、心に潤い、精神機能の安定、コミュニケーション、リラクゼーション効果が得られるように働きかけます。

栄養指導

入院中の患者様に対して食事提供におけるトータル・コーデイネートを行う栄養科では、対象疾患・生活習慣病等で食に関する不安をお持ちの方に、入院中だけではなく退院後の健康維持のため、その方のライフスタイルにあったアドバイス(栄養指導)を行います。

薬剤指導

お薬についての様々な疑問や不安などを、状態を確認しながらなぜその薬が必要なのか、どんな効果があるのか、使い方、使用上の注意や副作用などを説明いたします。
調剤したお薬をみなさまが安心してお使いいただくために、直接、薬剤師がお答えします。